水の会社 STホールディングス

 

 ここ数年、微細な気泡ファインバブル」に社会の関心が寄せられています。バブルの特徴を上手く活用できれば、化学物質等を使用することなく、様々な有益な機能を液体に付加することができるためです。

 現在、各分野でファインバブルの活用に関する 研究開発・応用化が進んでおり、環境、農業、食 品、水産、医療等をはじめとする各方面において急速に活用が進むと期待されています。ファインバブルが持つそれぞれの効果にはメカニズムの検証が十分に進んでいないものもありますが、日本発の革新的技術として、経済産業省、医療・農業をはじめとする関係学会、そして製品の製造・販売を担う多くの企業を含めた産学官が一体となって世界をリードしています。

水のstホールディングス

日本市場における「マイクロバブル」や「ナノバブル」を使用した製品や技術の普及・拡大に伴い、これらの名称や定義の迅速な国際標準化が必要になり、2013年に国際標準化機構(ISO)(本部:ジュネーブ(スイス))において「ファインバブル技術専門委員会」が設立され、これらの“微細な気泡”の定義や規格化が検討されています。ここで世界各国からの代表者による合議にもとづき、球相当直径が100マイクロメートル以下の気泡を「ファインバブル」と呼称し、その他の気泡と区別しました。さらにその内訳として、直径が1100マイクロメートルの気泡を「マイクロバブル」直径が1マイクロメートル以下の気泡を「ウルトラファインバブル」と呼ぶことで統一されることになりました。
 マイクロバブルと
ウルトラファインバブル明確な差は、ウルトラファインバブルでは可視光を散乱しないため肉眼では直接観察できずマイクロバブルでは白濁により存在を確認できる点にあります。


stホールディングスstホールディングス はウルトラファインバブル採用
stホールディングスは安心安全環境保全に努めます。

STホールディングスは環境に優しい技術を開発します。
ファインバブルのSTホールディングス

NHK サイエンスZERO 上の動画

クリック下さい。

STホールディングス とウルトラファインバブル

開発普及動向解説 上の動画

クリック下さい。

水はstホールディングス

国の測定検査機関 上の動画

クリック下さい。



自然と調和する STホールディングス

stホールディングスは環境に優しい技術を大切にします。

㈱STホールディングスは㈱ゼックフィールド社の販売店です。期待効果や価格を含め最下段(PC画面では上方右側)の連絡先へお問合せ下さい。販売価格は130万円から200万円の価格帯が中心です。お客様のニーズをお聞きして必要な能力に合わせての受注生産となります。

技術の STホールディングス
水の研究社 STホールディングス

ウルトラファインバブル特許証 STホールディングス
ファインバブルの計測データはstホールディングス
研究体制確立 STホールディングス
stホールディングスの水の関心度は高い
ナノバブルとstホールディングス

stホールディングスはゼックフイールド社と提携

stホールディングスは産業経済省と連携
ダウンロード
経済産業省 九州経済局 作成 ファインバブル活用事例
経産省 ファインバブル活用事例.pdf
PDFファイル 2.7 MB

ダウンロード
あらゆる分野における実用化への実証評価プロジェクトによる結果報告【詳細】
ファインバブル(産業構造審議会産業技術環境分科会評価報告).pdf
PDFファイル 4.9 MB
ダウンロード
あらゆる分野における実用化への実証評価プロジェクトによる結果報告【概要】
ファインバブル(産業構造審議会産業技術環境分科会評価報告【概要】).pdf
PDFファイル 2.2 MB